時計


最近の記事


カテゴリー


カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


プロフィール

ムックガッチャピン

Author:ムックガッチャピン
年齢:50歳
家族:妻 子供:13歳男 6歳娘
FXだけで、生活出来るか・・・挑戦中。
私個人の日誌として記述しております。


ニュー・スーパーマリオブラザーズ


\en SPA (エンスパ) 2010年 01月号 [雑誌]


絢香 / MTV Unplugged ayaka【初回完全生産


おすすめ


ブロとも申請フォーム


松井証券


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出ました・・・

28日発表した06年10~12月期の米国内総生産(GDP)の実質成長率の改定値は、年率換算で前期(7~9月)比2.2%。
先月発表の速報値(3.5%)から1.3ポイント減と大幅に下方修正された。

しかし、楽観視している評論家もいる。

私が考えるに、今回の下げは【シャックリ】と言っている。
高止まりしてくると、一時的に利益確定のために売りを出す。

チャートさえ見ていれば、まあ安心だと私なりに判断している。
今週までは、今のトレンドで来週から新たな局面を迎えると思っている。
金曜日の夜中にチャートチェックし、仕込みを考えるつもりだ!
スポンサーサイト

明日から・・・

日誌を明日から記載することにしました。

出来るだけ毎日更新できるように、努力!

日誌にする事で、成功や失敗を後から読み返し出来る。
今までは、エクセルにて売買管理をして自分の成功や失敗を簡単に書いているが、ワンポイントしか書いてないのでブログを活用することにする。

今日は全通貨で朝方からダウン!
ポンドは、1円以上上がったりしたので、チャートを確認してもまだ買う時期でないと判断。

他の通貨も見たが、まだ買うチャンスではない。

売りで持つという方法もあるが、過去の売りポジション成績が悪い。
自分の得意な通貨で売買するのが、勝率を上げると信じている。

今月は、特別手当や小遣いの残りも予備口座に入金した。
3月は出費予定があるので、小遣いも残る予定なし。

余ったお金は予備口座へ、お手軽に!!

を、愛ことば。
●3月1日(木)
・海外-1月仏生産者物価指数
    2月スイスSVME購買部協会景気指数
    1月英マネーサプライM4・確報
    1月英消費者信用残高
    2月ユーロ圏消費者物価指数・速報
    1月米個人所得
    1月米個人支出
    1月米PCEコア・デフレータ
    1月米PCEデフレータ
    米新規失業保険申請件数
    2月米ISM製造業景況指数

●2日(金)
・日本-1月労働力調査(総務省)
1月全世帯家計調査(総務省)
    1月全国消費者物価指数(総務省)
    2月東京都区部消費者物価指数(総務省)
    2月マネタリーベース(日銀)

・海外-1月豪小売売上高
第4四半期豪経常収支
1月ユーロ圏生産者物価指数
12月加GDP
第4四半期加GDP
2月米ミシガン大消費者信頼感指数・確報値

上記の結果内容で、円安それとも円高か!
チャートの種類は、たいへん多くあり奥が深い!
私が利用しているチャートを紹介します。

 ★ MACD
 ★ スローストキャスティクス
 ★ 移動平均線

主にこの3つを見て売買の判断をしている。
次回は、それぞれのチャートの特徴などを、紹介します。
特別手当 70,000円ありましたので、そのまま予備口座に入金。

●予備部隊の口座(預金)

 ・28日現在の残高 1,056,000円

 ※今月だけの予備口座への入金 138,000円

 予備口座への入金が、100万を超えたのでFX口座に入金予定。
27日の米株式相場が急落。ダウ工業株30種平均は5日続落、前日比416ドル2セント安の1万2216ドル24セント。
2006年12月1日以来の安値。

下げ幅は米同時多発テロ後の最初の取引日となった01年9月17日以来の大きさ。

27日の中国株式市場で上海株式相場が8.8%急落。ほかのアジア株や欧州株相場が大幅安となった流れを引き継いだようだ。

東京市場も大幅に下がるかな?

自分は株は持ってないが、下がるということは、また上がるチャンスがあるというメリットもある。

出会い

急に株に興味が出て、書店で立ち読みをはじめた。

簡単に儲かるという本もあるが、失敗談を書いた本などもある。
私には、どの株を購入したらいいのか困った。
証券会社で相談しても、貧乏人は結果的に損をする場合が多い。
金持ちしか相手にされないのかな?

確かに貧乏人の少額の投資に時間をかけるより、金持ちの相談に乗る方が会社的には儲けも多いだろう。

そこで投資の種類で自分に向いているものを、探すことになる。

結果、購入したのがダイヤモンド社から出ている【ZAi】

Zai


特集でチャートの分析超入門があり、非常にわかりやすい。
よく売れている雑誌のようだが、ここの紹介されている会社の株は、取材してから出版されるまでタイムラグもありうまく上がりくいようだ。

次はこのチャートについて、話してみたい
2月の小遣いが余ったので、FXの取引口座ではなく、予備部隊の口座に10,000円を入金しました。

先日も小遣いの余ったお金を入金したが、ブログを始めたので追加して入金しました。
明日も特別手当が入る予定だから、また銀行に行って予備部隊の口座に入金しよう。

●予備部隊の口座(預金)

・現在-986,000円

明日の特別手当をいくら入金するか、まだ決めていない。
嫁さんと携帯メールで相談しよう。

でもいくらあるかは、今だ不明!
米耐久財受注が予測を下回る弱い結果とでドル売りが加速、ドル円が1月9日以来となる119円台割れ。また、NZドル円も下落幅を拡大し84円台割れ。

1:00現在、ポンドは3円30銭もダウン。
チャートを確認すると買われすぎと指標が出ており、利益確定も含めポンドが売られている。

まあポンドが下がる前に、利益を確定したので本当によかった。

次の狙い目は、ユーロとポンドを買いを予定!
チャート確認して仕込みをする。
●ストキャスティクス
 ・株価の振れ幅をみるの指標で、RSIの仲間でテクニカル指標の一種。
  「買われすぎ」や「売られすぎ」の状態を教えてくれる指標です。
  ※株の売買の指標で使われている物を利用している。


●RSI
 ・買われすぎ、売られすぎを見るためのテクニカル指標の一種。
  RSIは0%から100%の範囲で推移するが、70%超えは買われ過ぎ、30%割れは売られ過ぎ
  と一般的に言われる。
2005年9月1日にはじめての投資を開始したのだが・・・

●購入外貨
 ドル・・・10,000 (売り)
 ポンド・・10,000 (売り)

●結果
 ドルは、大型台風がアメリカ本土に接近。
 超大型台風が数週間前に上陸し、アメリカの各地で大きな被害を出した後だった。
 その台風よりも大型化した台風が接近。
 間違いなくアメリカに、また被害が出ると予測。
 (超素人だったので、予測と希望でドルを購入)
 思ったほど被害が出ずに、ドルが下がらず!

 ★ドル・・・▲12,000円


 ポンドはストキャストを見ずに、その日が下がっているようだったので買ってしまった。
 (超素人の判断)

 ★ポンド・・▲13,500円

 なんとも、25,000円のマイナスとなった。
 自分的には、早く切ってよかったと思っている。

 次回は、初めて利益が出た時の話をしよう!!

預金しました

給料が出たので、30,000円を入金しました。

FXの取引口座ではなく、FXの保証金が不足した時の予備部隊と考えて預金します。

過去に暴落して、マージンコールが来る寸前まで行き、予備資金がなく慌てた経験がある。
妻に説明して、家の預金を借りる事も考えましたが、やり始めてすぐだったので、そのような事を頼んだら2度とFXをさせてもらえない。

そのような事がないために、努力してます。

 ●予備部隊(預金)
  ※妻から投資用に預かったお金
  ※自分の小遣いが余った時に入金する

  ・現在-976,000円

  購入した外貨と保証金のバランスを考えFX口座に入金する。
  銀行は4社を使い分けている。
  使い分けには、理由がある。(それは後日に記載)

 基本的には、予備部隊が100万を超える場合は、FX口座に入金している。
 もっと効率のいい投資もあるのだろうが、素人ですからこんな調子です。
●指値
 ・外貨を希望価格を指定して注文を出すこと。
  買い注文であれば指値以下、売り注文であれば指値以上での約定となる。


●逆指値
 ・外貨が希望の価格に上がる逆で、下がる事がある。
  下がり続けると損が出るので、ここまで下がった場合は売ると指定する時の価格指定。

ポンド 売り決済

☆ポンド 30,000通貨を決済(逆指値にヒット)

 27,600円の利益

 ・逆指値にヒットしてしまったが利益も出ているのでOK。
 ・利益を出す事が大事、勝ち続ける癖をつける。
日銀の追加利上げ(0・25%)実施に伴い、大手銀行が今日からから普通預金金利や定期預金金利を一斉に引き上げる。
貯蓄の利子収入の増加が見込めるが、一方で住宅ローン金利なども上昇で家計に負担にもなる。

普通預金や定期預金をしている人には、少しだけ喜ばしいことだ!

だが、銀行の外貨預金や定期預金などを考えている人は、手数料の高さに注文してほしい。

外貨為替証拠金取引(FX)の手数料だけを見ても、すごく高い事に気が付く。
※ここでも銀行は、かなり儲けています。

株への投資なども含め、普通預金や定期預金の見直しをするべきだ。
全てのお金を投資に回すことも危険であるので、4割くらいを投資に回すように努力してみよう。

●スワップ
 ・スワップポイントとは金利が異なる2種類の通貨の売買によって発生。
例えば、ドルを購入した場合など円とドルの金利差などの事。
その2国間の金利差調整のことを指す。
金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買った場合には、その金利差額分の受取りが発生。
反対に金利の高い通貨を売って金利の低い通貨を買う場合には金利の支払いが発生。

基本的に毎日スワップが発生し、金利が付くので長期保持する方法でも為替相場の変動がない場合、利益が出る。
所持した通貨が、UPした場合などは更に利益を生む事になる。

●塩漬け
 ・予想が外れて下落した外貨を、将来値上がりに期待して長期間保有し続けること。塩漬けは、積極的な長期保有するわけでなく、短期の売買で利益を上げられると思って買った外貨が期待に反して下落してしまい、売れば損するためやむを得ず保有する場合に使われる。
25日付の英紙では、情報機関の秘密文書の内容で、英国内でテロの脅威が、2001年9月の米同時テロ以降で最も高まっている。

今テロがあれば、ポンドは暴落する。
ポンドを所持している私としては、すごく困る。

しかし、気にしていたら外貨は変えない。
車を購入して交通事故を常に気にしているようなものだ!

購入通貨の累計と残金を、よく管理していれば例え暴落する事があっても株と違い塩漬けしても、スワップがつくので心配なし。
いずれはプラスに転じると思う事が大事!!
●26日(月)
 ・日本-日銀金融政策決定会合議事要旨(1月17・18日分)

 ・海外-1月NZ貿易収支
     3月独GFK消費者信頼感調査

●27日(火)
 ・海外-1月仏住宅着工許可
1月ユーロ圏マネーサプライM3・季調済
1月米耐久財受注
2月米リッチモンド連銀製造業指数
2月米消費者信頼感指数
1月米中古住宅販売件数

●28日(水)
 ・日本-1月鉱工業生産・速報(経済産業省)
1月大型小売店販売額・速報(経済産業省)
1月小売業販売額・速報(経済産業省)
外国為替平衡操作の実施状況(財務
 ・海外-1月NZ住宅建設許可
2月スイスKOF先行指数
1月仏失業率
1月仏失業者数変化
2月仏消費者信頼感指数
2月独失業率
1月英GFK消費者信頼感調査
1月ユーロ圏失業率
2月ユーロ圏消費者信頼感
1月ユーロ圏消費者物価指数
第4四半期米GDP・改定値
第4四半期米個人消費・改定値
1月米新築住宅販売件数
2月米シカゴ購買部協会景気指数

  上記の結果内容で、円安それとも円高か!

現在のポジション

●オーストラリア  3万通貨

●ニュージーランド 1万通貨

●ユーロ/ドル   9万通貨
  ※全て売りポジション

●ポンド      3万通貨

●ドル       2万通貨

以上が、私が現在所持している通貨である。
明日からは、どのような動きになりますかな?
●レバレッジ
 ・小さな元手で大きな資金を動かす(てこの原理)

  たとえば20万円の元手によって、ニュージーランドドル(約500万)の通貨を保有したようになる。

●マージンコール
 ・預けたご資金とポジションによる評価損益の合計(有効保有額)が維持保証金のレベルを下回った場合、損失拡大のリスクに備え、マージンコール(追加証拠金の発生)がおこる。
 つまり保証金の総額が、相場の変動などにより必要額より不足した場合に、保証金を追加しなくてはいけないことをいいます。

なぜ120万の入金をしたのかを、記載しておきたい。

外貨(FX取引)をわずかな保証金で手にいれ、為替差益と利子を手に入れる事ができる。

レバレッジを利用した場合、元手の10倍くらいの通貨を保有したようになる。
購入した価格より、外貨がUPすれば利益が増える、しかしその逆の場合は保証金が減っていく。
最悪の場合は、自分の意思と関係なくマージンコールされてします。

その為には、購入する通貨額は入金全てを利用すると危ないことになる。

はじめて間もないので、出来るだけ利益を出しながら、最悪なマージンコールを避けるには、100万位の入金が必要と判断した。

だが他の方などは、10万や20万位からスタートし、元金の10倍以上を稼いでいる事も事実。
私はそんなに、頭もよくないことを自覚し、家にあるだけのお金をかき集めて入金。
(これも実際のところは、間違っている。余裕のあるお金で運営するのが基本)

 ※専門用語があるが、別途説明する事にする。

日経情報 20070225

ドルでは28日発表の昨年10月~12月期の米国内総生産(GDP)の改定値に注目。
前期比3.5%増で、アメリカ経済が軟着陸する可能性が高いが、予想では
改定値が下方修正されそう。

予想以上の下方修正は、一時的にドルが売られる場面もありうる。

円では、3月2日に1月の全国消費者物価指数が発表。
予想で前期比横ばいだが、結果によっては円売りになる。

日経情報 20070224

21日に日銀が利上げしたが、当面の利上げはないと予想が広がる。
ユーロは3月の利上げが確定と予想され最高値を更新中。

160円台も目前!

ドルは先日のバーナンキ議長の14日証言で住宅市場の動向を注視する
姿勢で再び利下げ観測が強まる可能性が出ている。

イランなどの地勢学リスクもあり、ドルを買い進めにくい状況。

はじめての記事

ようやく外為取引FXをはじめて利益が出てきたので、ブログに投稿してみることにした。
はじめてブログというものを利用するので、うまく書けるか心配!

2005年6月にはじめて外為取引FXを雑誌で知る。
友人と一緒に雑誌やインターネットでFXについて、調べて本当に儲かるかを慎重に調べた。
※後日、書籍などを紹介する

一番心配したのは、詐欺ではないか?
先物取引と同じなので、借金が膨らむのではないか?
元手は、いくらいるのか?
(貧乏だから元手が少ない)

そして2005年9月1日にはじめての投資を開始!
元手は、120万円を入金した。

●購入外貨
 ドル・・・10,000 (売り)
 ポンド・・10,000 (売り)

初めての購入だったので、取り敢えずは様子を見て!
次回は、その結果を紹介しよう

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。